メニュー

予防接種

インフルエンザは冬場の11月~3月にかけて流行します。
そこで、毎年10月以降から医療機関において、
その年に流行するインフルエンザに備えて、予防のために注射を打つことができます。
この注射には「ワクチン」と呼ばれる薬液が含まれており、
このワクチンを摂取することによりインフルエンザに感染しにくくなるのです。
尚、2回摂取する場合、2回目は1回目から1~4週間あけて摂取します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME